フンドシとシキタリ

山間に生じるちっちゃな村。そこで出来上がり育った陽太は、「ムカイシ」と呼ばれる、男子を大人に迎え入れるための秘祭に参加するポイントになった。
「いまどき褌とかいたたまれないよな……」
褌だけで露呈の激しい形に困惑する陽太。だが、
「これ、陽太?」
「恵介さんっ!」
「久方振りですな。今年の「シ」はおまえところか」
「帰ってきてたんです」
「きのうからな。今年のイベントの「オヤ」に選ばれたから」
恵介さん。陽太の昔からの友人で、今はこういう村を出て、遠くで過ごしていた。彼氏にとっては兄のような付きの恵介。
「こういう「ムカイシ」って如何なるイベントなんですか?皆さんはぐらかして教えてくれなくて」
「私も詳しい事は知らんけど……ルート作法ってきいてるぜ。大人に罹る為の通貨式事。こういう式事を諦めるポイントには、村では成人として認められないってな」
そんなふうに、こういう式事は成人に達する為の式事。年代の少年たちが褌ゼロ枚で、会社へ向かい、そこでゼロ深夜話す。
「ご神酒です。一口ずつ飲んでまわしてけ。そしてゼロ深夜あかす。以上です」
「え?これだけ?」
呆気ない。そんなに感じた陽太。だが、
「え?」
夜がすすむにつれ、側はキスしあったり、交わりだした。パパ同士で。
「陽太!」
「け、恵介さん!?」
恵介に押し倒される陽太。
ライターはつくも号さん。成人ママ向けのBL戯画だ。
目下、大注目の品物。ニュース作品の魅力は一体何か。反応を交えて完全解説していきたいと思います。
こういう品物は、いらっしゃるちっちゃな村での習わしを描いた品物。その習わしとは、年代の少年らが褌形になり、ゼロ深夜おんなじ屋根の下で過ごし、寝るという品物!?
そんなふうに、ご神酒というスピリッツの活気を経て(特効薬が入ってるのかもしれません)、奴らは肉欲に任せてふっとパパ同士で交わってしまう。ラフファッション、顔を見合わせてある同僚友人、パパ友人なのに。
陽太人間、恵介さんに抱かれてしまい、初めてを奪われてしまう。やましいし、パパ友人何て……と、面食らう陽太。でも心地よい。奥まで突かれるたび、心中が白一色になっていきます。
でも「ムカイシ」は昼前までは続きます。昼前がいらっしゃるまで、延々と交わりつづけねばなりません。褌形で。
と、非常に独創的な設立の物語ですね。基本は乱交娯楽が中心で、BL品が好きな方にはスゴイ喜び出来るのではないでしょうか。
多少愛欲的会話で、恋要素がないというのは感じましたが、それでも恵介さんに抱かれて要る内部、自然に陽太がそこ道のりへ目覚めていきますよ!
やむを得ず、善悪一度、試料を見てください!後悔しない品質だ!
炭酸クレンジング